都内の看護師の精神科の求人は?

看護師都内求人TOP >> 都内の看護師転職のFAQ >> 都内の看護師の精神科の求人は?

都内の看護師の精神科の求人は?

心の病が社会的な問題となっています。仕事のストレスや人間関係の問題でうつ病などの問題を抱えてしまう人が増えていますし、将来への不安や絶望から心の病を抱えてしまうことも。さらに高齢化の進行で認知症患者が増えたり、家庭内の生活環境が原因で心に問題を抱えてしまうケースも少なくありません。そうした事情から精神科の需要が増えているのです。

こうした心の病は都会に多く見られるといわれています。希薄な人間関係や厳しい仕事のノルマ、慌しい生活環境など。そのため都内には精神科を設置した病院や、精神科専門のクリニックが多く見られます。したがって看護師の求人を見つけやすい傾向が見られます。

都内の看護師の精神科の求人ではまず就業環境をチェックしておくことが大事です。とくに重要なのが入院施設の有無。入院施設がなくもっぱら通院で治療やカウンセリングを行うクリニックと、入院施設がある精神科病院では就業環境だけでなく業務内容、さらには患者のタイプにも大きな違いが見られます。入院施設がない職場では夜勤や残業はほとんどないため、比較的ゆとりのある環境で働くことが可能です。一方入院施設がある病院では原則として病棟勤務の形となるため、夜勤や残業が避けられませんし、実際の治療やカウンセリングだけでなく日々の生活のサポートや健康状態の管理、さらには患者とのコミュニケーションなどが重要な役割となります。入院設備がある施設の方が症状が重い患者を担当することになるため、より高いスキルと経験が求められるのも特徴です。こうして書くとクリニックの方がよいようにも見えますが、求められる仕事が多いということはやりがいがあることでもあり、長く担当してきた患者が回復して社会復帰に成功した時の喜びはクリニックにはないメリットです。この辺は自分の適性も見極めたうえで選択することになるでしょう。

それから精神科の種類。精神科病院でもさまざまなタイプの環境が用意されています。急性期病棟と慢性期病棟、あるいは開放病棟と閉鎖病棟など。どちらも後者の方がより重い患者を担当することになります。他にもアルコール依存症の患者を対象とした病棟や子供を対象にした病棟もあり、やはり業務内容や求められる役割に違いが出てきます。

都内には精神科の求人が多いだけ、給料や待遇面だけでなくこうした具体的な職場環境や業務内容も詳しくチェックした上で判断していくことが大事です。そのためにも精神科における看護師の仕事内容をあらかじめ詳しく知っておくことが大前提となるでしょう。

都内の看護師求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2018 看護師都内求人ガイド【※東京で転職する方法】 All Rights Reserved.